b-21 コンソール

b-21 コンソール

コンソール コンソールへ出力 print(),printIn() print()関数は、処理領域の下部にあるコンソール領域(黒い四角形)に文字を出力する。
この関数は、プログラムが生成し……

b-20 キーボード

b-20 キーボード

キーボード キーボードに関連するシステム変数と関数 関数名機能 keyPressedキーが1つでも押されているとtrue。そうでなけれfalse key最後……

b-19 マウス

b-19 マウス

マウス マウス関連のシステム変数と関数 関数名機能 mouseXカーソルの水平方向の位置 mouseYカーソルの垂直方向の位置 pmouseX前のフレーム……

b-18 フレームの保存

b-18 フレームの保存

フレームの保存 連続するフレームの保存 saveFrame() 関数が実行されるたびに1つの画像が保存されます。表示ウィンドウと同一の画像を保存するには、関数をdraw()の最後に実行するか、……

b-17 文字

b-17 文字

文字 フォント PFont PFontは、フォントを扱うためのクラス。
処理で使用するフォントを作成するには、[Tool]メニューから[Create Font...]を選択。
これ……

b-16 ベクタ画像

b-16 ベクタ画像

ベクタ画像 ベクタ画像 PShape ベクタ画像を扱うクラス。
ファイルの読み込みには、loadShape()でロードするか、createShape()で作成する必要があります。
……

b-15 画像

b-15 画像

画像 画像 PImage 表示可能なフォーマットは、JPEG,PNG,GIF,TARGAなど。 ・フィールド width …幅 heighat …高さ pixels[] …全ピクセルの……

b-14 色

b-14 色

色 背景色の設定 background( ) ・構文 background(gray) background(gray,alpha) background(value1,value2,v……

b-13 座標変換

b-13 座標変換

座標変換 座標変換に関する関数 関数名機能 transkate(x,y)位置をずらす rotate(a)回転させる rotateX(a)x軸を基準に回転 r……

b-12 バーテックス

b-12 バーテックス

バーテックス(頂点) バーテックスの定義を始める beginShape( ) バーテックスを使用すると複雑な図形を定義することが可能です。この関数はendShape( )関数とセットで使用し、……

b-11 2次元図形

b-11 2次元図形

2次元図形 基本的な2次元図形を描画する関数 関数名機能 point(x,y);座標(x,y)に点を打つ line(x1,y1,x2,y2,x3,y3);始点・……

b-10 条件分岐と繰り返し

b-10 条件分岐と繰り返し

条件分岐と繰り返し 条件分岐 if~else if文を使うと、条件に照らし合わせてどのコードを実行するべきか判断できるようになります。カッコ内の式が真(true)であればブロック内のコードが実……

b-9 文字列の処理

b-9 文字列の処理

文字列の処理 正規表現での検索 match( ) 正規表現を使って文字列(String)を検索します。結果は文字列の配列として返されます。 構文パラメータ戻り値 ……

b-8 乱数

b-8 乱数

乱数いろいろ 乱数の生成 random( ) 呼び出すたびに異なる数値を返します。パラメータで値の上限、または範囲を指定することができます。例えば、random(5)とすると0以上、5未満の乱……

b-7 三角関数

b-7 三角関数

b-7 三角関数 三角関数の単位はradian(ラジアン)。単位を変換する場合は、degrees( )やradians( )を利用する。 関数名機能 sin(……

b-6 算術関数

b-6 算術関数

b-6 算術関数 複雑な計算をするときは関数を利用してすっきりしたコードに。 関数名機能 abs(a)aの絶対値を求める sqrt(a)aの平方根を求め……

b-5 演算子の優先度

b-5 演算子の優先度

b-5 演算子の優先度 名前記号例 カッコ( )a*(b+c) 単項++ -- !a++ --b !c ……

b-4 変換

b-4 変換

b-4 値の変換 文字から数値へ、数値から文字へなどデータを別の型に変換したいときに使う関数まとめ 関数名機能 char( )1文字に変換 ……

b-3 基本的なデータ型

b-3 基本的なデータ型

b-3 基本的なデータ型 データ型扱うデータ値の範囲 int整数-2,147,483,648〜2,147,483,647 ……

b-2 変数の有効範囲

b-2 変数の有効範囲

b-2 変数の有効範囲=スコープ 変数の有効範囲のことをスコープといい「ブロックの中で作られた変数は、ブロックの中だけで有効」となります。
ブロックとは、{ }で囲まれた範囲のことで、se……

b-1 関数 基礎編

b-1 関数 基礎編

b-1 よく使う関数( for Processing 3.0+) size( ) ウィンドウや描画モードで表示するサイズをピクセル単位で設定する。setup()の冒頭で実行し、指定しない場合の……