a-13 反応(3) マッピング

a-13 反応(3) マッピング

図形を描く際に、ある範囲から別の範囲に変換したくなった時に使うのがmap()

void setup(){
  size(480,120);
  strokeWeight(10);
}

void draw(){
  background(0);
  stroke(255,255,0);//RGB
  line(120,60,mouseX,mouseY);//きいろの線
  stroke(219,53,53);//RGB
  float mx = map(mouseX,0,width,60,180);
  line(120,60,mx,mouseY);//赤い線
}

黄色の線がマウスに反応してついてくるのに合わせて、赤い線も範囲を変えてついてくる