b-14 色

背景色の設定 background( )

・構文

background(gray)

background(gray,alpha)

background(value1,value2,value3)

background(value1,value2,value3,alpha)

background(color)

background(color,alpha)

background(hex)

background(hex,alpha)

・パラメータ

gray …グレースケール

alpha …透明度

value1 …赤または色相(hue)

value2 …緑または彩度(saturation)

value3 …青または明度(bringhtness)

color …color型の値

hex …16進数表現

・戻り値

なし

カラーモードを設定する colorMode( )

色の情報を処理する方法を設定する。

・構文

colorMode(mode);

colorMode(mode,range);

colorMode(mode,range1,range2,range3);

colorMode(mode,range1,range2,range3,range4);

・パラメータ

mode …RGBまたはHSB

range …色を指定する値の範囲(intまたはfloat)

range1 …赤または色相の範囲(intまたはfloat)

range2 …緑または彩度の範囲(intまたはfloat)

range3 …青または明度の範囲(intまたはfloat)

range4 …透明度の範囲(intまたはfloat)

・戻り値

なし

線の色を設定 stroke( )

線や図形の輪郭の色を指定する関数。パラメータはbackground( )と同じ。

線や輪郭を描画しない noStroke( )

以降の線や図形の輪郭は描画されない。noFill()と同時に使うと何も描画されなくなる。

塗りを指定 fill( )

図形の内部に塗られる色を指定する。パラメータはbackground( )と同じ。

塗りを指定 noFill( )

以降の線や図形内部の色は表示されない。noStoroke()と同時に使うと何も描画されなくなる。

色を作成 color( )

color型の変数に格納するデータを作成する。パラメータがRGBとHSBのどちらで処理するかはcolorMode()で設定する。デフォルトはRGBモード。Processingの色情報は32ビット。