b-9 文字列の処理

文字列の処理

正規表現での検索 match( )

正規表現を使って文字列(String)を検索します。結果は文字列の配列として返されます。

構文 パラメータ 戻り値
match(str,regexp) 検索対象の文字列,検索条件を表す正規表現 String[ ](一致する文字列がない場合はnull)

文字列の分割 splitTokens( )

splitTokens( )は文字列中にトークン(目印になる文字)があると、そこで分割して配列に収めます。デフォルトではスペース、タブ、改行などです。トークンは指定可能で、カンマやスラッシュなどで区切られたリストも処理可能です。

構文 パラメータ 戻り値
splitTokens(str); 分割対象の文字列 String[ ]
splitTokens(str,tokens); 同上,トークンとなる文字 同上

前後の空白を除く trim( )

文字列の前後にある空白を取り除いて、文字だけの状態にします。

構文 パラメータ 戻り値
trim(str); 対象の文字列 StringまたはString[ ]
trim(array); 文字列の配列 同上

数値のフォーマッティング nf( )

数を指定したフォーマットに変換します。桁を揃えたい時、小数点以下を指定した位置で切りたい時などに使います。

構文 パラメータ 戻り値
nf(intValue,digits); フォーマットしたいintかint[ ],桁数 StringまたはString[ ]
nf(floatValue,left,right); フォーマットしたいfloatかfloat[ ],小数点の左側の桁数,小数点の右側の桁数 同上