a-5 変数の作成

a-5 変数の作成

a-5 変数の作成 変数=variables 値をメモリに保存しておきプログラムの中で再利用できるようにするのが変数の役割。よりスマートで効率的なコードがかけてこそプログラミング 不要な繰り返しを防ぎ、わかりやすく修正も容易なコードになる。 変数に格納できる値の種類や範囲はデータ型によって決まる。 代表的なデータ型は以下 int:整数
float:浮動小数点数
……

topへ戻る