《Processing 番外編》 制作例2

《Processing 番外編》 制作例2

Processing 制作例2 マウスクリックで画像切替 int imgID=0; //mantou0〜4.pngという名前の画像を5枚切替 PImage[] mantou=new PImage[5]; void setup(){ size(600,600); background(6,135,0); //mantou0〜4.pngという名前の画像を5枚切替 for(……

b-21 コンソール

b-21 コンソール

コンソール コンソールへ出力 print(),printIn() print()関数は、処理領域の下部にあるコンソール領域(黒い四角形)に文字を出力する。
この関数は、プログラムが生成しているデータを調べるのに役立つ。
println()はprint()と同様に機能するが、関数を呼び出すたびに新しいテキスト行を作成する。
複数のパラメーターをコンマで区切って関数に渡すこと……

b-20 キーボード

b-20 キーボード

キーボード キーボードに関連するシステム変数と関数 関数名機能 keyPressedキーが1つでも押されているとtrue。そうでなけれfalse key最後に押されたキーを表す文字 keyCode最後に押されたキーのキーコード keyTyped()キーが押されるたびに呼び出される関数 (CTRLキー等は除く) keyPressed()キーが押される……

b-19 マウス

b-19 マウス

マウス マウス関連のシステム変数と関数 関数名機能 mouseXカーソルの水平方向の位置 mouseYカーソルの垂直方向の位置 pmouseX前のフレームでのカーソルの水平位置 pmouseY前のフレームでのカーソルの垂直位置 mousePressed押されているとtrue。そうでなけばfalse mouseButton押されているボタンはどれか……

b-18 フレームの保存

b-18 フレームの保存

フレームの保存 連続するフレームの保存 saveFrame() 関数が実行されるたびに1つの画像が保存されます。表示ウィンドウと同一の画像を保存するには、関数をdraw()の最後に実行するか、マウスイベントと、mousePressed()やkeyPressed()などのキーイベント内で実行する。
[Tool]メニューの[Movie Maker]プログラムを使用して、これらの画像を組……

b-17 文字

b-17 文字

文字 フォント PFont PFontは、フォントを扱うためのクラス。
処理で使用するフォントを作成するには、[Tool]メニューから[Create Font...]を選択。
これにより、Processingが必要とするフォーマットでフォントが作成され、現在のスケッチのデータディレクトリに追加される。
処理では、ベクターデータを介してフォントを定義するのではなく、文字ごと……

b-16 ベクタ画像

b-16 ベクタ画像

ベクタ画像 ベクタ画像 PShape ベクタ画像を扱うクラス。
ファイルの読み込みには、loadShape()でロードするか、createShape()で作成する必要があります。
現在、SVG(Scalable Vector Graphics)とOBJファイル(Wavefront社が開発した3Dモデルフォーマットの1つ。)をロードして表示できます。
SVGは、loadS……

b-15 画像

b-15 画像

画像 画像 PImage 表示可能なフォーマットは、JPEG,PNG,GIF,TARGAなど。 ・フィールド width …幅 heighat …高さ pixels[] …全ピクセルの色を格納する配列 ・メソッド get() …指定したピクセル、または、矩形の色を取得 set() …指定したピクセルの色を変更 copy() …画像の領域を指定してコピー mask() …マ……

topへ戻る